効果

アーユルヴェーダを美容のために取り入れるのであれば、朝はとても大切な時間になります。心も身体もぼんやりとしているなかで、身体を目覚めさせ精神的にも喝を入れるためには、この時間のヨガがとても大切になります。ほんの10分か15分程度早起きをして、ヨガの時間にするといいでしょう。

様々なポーズ

ヨガの目的は、精神のコントロールを通じて身体にも健康な刺激を与えようとするということにあります。様々なポーズをとることによって病気の予防や治療、若返りの効果を与えることになるのです。効果的なポーズに、「肩立ちのポーズ」があります。このポーズは循環器に影響を与えるもので、特に静脈から動脈に戻っていく血流を促進することになり、低血圧や活力不足に効果をもたらします。

まずは仰向けに寝て、両手と両足を少しばかり広げ、肩の力を抜いてリラックスします。そして両脚を広げ、両手も真っすぐに揃えましょう。息を吸いつつ、両脚の角度が90度になるまで真っすぐに上げていきます。そして腰と一緒に両脚を上げ、頭の上に床と平行になるように持っていきます。両手を腰につけて安定させ、脚をまっすぐに伸ばし、肩の力で立つようにし、15秒ほど待ったら元に戻します。そしてまた繰り返します。

トップに戻る