アーユルヴェーダのエネルギーバランス

アーユルヴェーダによると、身体を動かすエネルギーである「ドーシャ」は3つのカテゴリーに分けられます。

ドーシャのバランスポーズ

「ワータ」は「風」のエネルギーで、一瞬もじっとしていることがない動的なエネルギーです。「ビッタ」は燃え盛る「火」のエネルギーで、燃焼することによって物質を変化させて熱を発生させます。「カファ」は物質を結びつける「水」と「地」の性質を持つエネルギーであり、安定させて形を維持させようとする働きをします。3つのドーシャはそれぞれ固有の役割を担っていますが、1つのドーシャが単独で働くということはありません。3つはある意味で、運命共同体のようなものです。それぞれが各々の働きをしながら、同時に他のドーシャに働きかけたり、陰ながらサポートしたりして、我々の生命を存続させています。それぞれのドーシャがバランスよく存在している状態を目指すのがアーユルヴェーダです。

しかし、ドーシャがちょうどよくバランスを取っている状態というのは、固定されているものではありません。「万物は流転する」という言葉があるように、環境の変化に応じてドーシャのバランスは変わります。自然の変化のリズムに合わせて、3つの割合を変化させてバランスを取ることが大切になってきます。

トップに戻る