アーユルヴェーダの民間療法

アーユルヴェーダには、さまざまな体の不調を改善させるための療法が存在します。便秘に対しては、夜寝る前にホットミルクにティースプーン1杯のギーを加えて飲むことによって不眠が解消されるほか、便が出やすくなります。ブラッグペッパー5粒をコップ1杯の水でボイルした汁を飲むという方法もあります。

ハーブティーを飲む

風邪については、ショウガのスライス5枚程度をカップ1杯半ほどの水でボイルし、ゆっくり煮出したものを飲むと悪寒に効果があります。発熱がある場合にはこれにブラックペッパーを3粒ほど加えてボイルし、冷やした後に蜂蜜を加えて飲むと効果的です。咳が出るときには、蜂蜜をティースプーン1杯分にシナモンパウダーとターメリックパウダーを一つまみほど入れてなめるといいでしょう。頭痛が出たときには、ローズマリーやペパーミントなど、胃腸をすっきりさせるようなハーブティーを飲むといいでしょう。貧血によるものもありますので、日ごろから鉄分を持つものを食べるようにしましょう。

そのほかには、皮膚炎にはオリーブオイル小さじ1杯にターメリックを小さじ半分入れて患部に塗ります。胃のもたれには、ショウガをスライスしたものとブラックペッパーを煮たものを飲むといいでしょう。

トップに戻る