アーユルヴェーダの食事のガイドライン

アーユルヴェーダは食べるためにいくつかのガイドラインがあります。特に消化に対して。ここではアーユルヴェーダのガイドラインを紹介します。

1.お腹がすいたときにだけ食べる。

本当に空腹のとき。それはあなたが前食べたものが完全に消化されたときです。しかし私たちは脱水状態にあるときお腹がすいたと考えるのです。体を調和させ、本当に空腹であると感じているかを再発見してください。

2.静かで心地よい空間で食べる。

食べるときはすわり、なるべくテレビや本、電話やパソコンのない環境が良いでしょう。

3.適切な量を食べる

私たちはさまざまなニーズと異なった胃の大きさと代謝速度で、それぞれ違います。あなたの体に耳を傾け、あなたが満足を感じるときの分量だけ食べるようにする。

4.温かい食事を食べる。

理想的には出来立てが良いのですが、冷蔵から出てきたままのような食べ物は避けましょう。そうすることで、消化酵素が効率的に作業することができます。

5.品質の高い食べ物を食べる。

ジューシーなまたは少しオイリーな食事は消化を促進し、栄養吸収を改善します。乾燥しすぎている食品を避けるようにしましょう。

6.早食いはやめましょう。

食べ物を飲み込むようにして食べてはいけません。咀嚼は消化の重要なステップです。

トップに戻る