インドに5000年伝わる伝統アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとはインドの伝統医学のことで、「アーユス(生命)」「ヴェーダ(知識、真理)」が合わさった言葉です。

アーユルヴェーダの施術

アーユルヴェーダは、自身が自らの心と身体の状態を知り、その2つが調和が取れていることによって健康な生活が送れるとしています。また、病気になったら治療はしますが、本来は健康を維持することによって病気になることを予防する予防医学の面を重視しています。アーユルヴェーダでは人間の身体を構成するエネルギーを「ドーシャ」と呼び、このドーシャが乱れると病気になるという考え方です。ドーシャは脈を診ることによって測りますが、男性はみぎてん、女性は左手の脈を診ます。ドーシャは更に「ヴァーダ」「ピッタ」「カパ」の3つに分類され、この3つがバランスよい状態であること、食べものの消化が良いこと、排泄がスムーズであること、更に精神面が安定していることなどが合わさって健康体を作るとされています。その為、アーユルヴェーダでは、食生活と排泄を特に重視しています。

ドーシャは人に依って強さが違っており、それが性格や体質の違いになるとされます。その為、アーユルヴェーダでは個人に合わせた食事や生活の仕方を指導し、病気の治療を行います。

http://thubo.biz/